2018 winter holiday handmade greeting cards

after a whirlwind of a year, christmas night is almost through, and the new year just ahead. this year’s holiday season greeting cards were a simple dedication to my tokyo life.

あっという間に過ぎ去った2018年、気がついたらクリスマスは終わりかけていて、年の瀬がすぐそこ。今年のクリスマスカードは、大好きな東京をテーマに、シンプルに仕上げました。

m a r u n o u c h i ,  t o k y  o  |  j a n u a r y  2 0 1 8

the inspiration came from this photo i took in marunouchi, this past january. which reminds me of when i lived in wall street, nyc.
1月に撮った東京駅、丸の内の写真。学生時代に住んでいたニューヨークのウォール街を思い出させるこのショットが2018年を通して、一番お気に入りだったのです。

. . . . .

handcut tree window
ツリー型の切抜き

gold and white spray paint

…from tokyo…

H A P P Y  H O L I D A Y S ! !

[fashion trend study] S/S 2009

it’s been almost A YEAR since my last fashion trend study (*gasp*)!! i have a whole stack of old magazines pages, waiting to be collaged and studied! today, is about 2009 spring/summer.
前回のトレンドスタディーからもう一年も経ってしまいます(大変大変(汗))!!何ページもの切り出しがたまっていて、また続けていこうと思います!今日は、2009春夏トレンドについてです。

[ S/S 2009 ]

– what happened in 2009 / 2009年のファッション出来事 –
michelle obama and the one-shoulder dress / ミシェル・オバマとワンショルダー・ドレス
yellows & golds / 黄色とゴールド
exotic bohemian cont’d / 前シーズンから引き続きエキゾチックボヘミアン
dresses / ワンピース
color blocking / カラーブロック
shoulder accents / アクセントショルダー
pops of color / カラー・ポップ
big accessories / デカめアクセサリー
geometric folds & pleats / 幾何学プリーツ
harem & skinny ankle pants / ハーレムパンツ & 足首細めパンツ
old school denim (dyed & damaged) / レトロなデニムディテール (クラッシュや染めなど)
watercolor florals / 水彩画フローラル
bows / リボン

one of the biggest trends of 2009 spring/summer, was the one-shoulder dress. a major highlight would be then first lady, michelle obama’s inauguration ball dress, designed by jason wu. also, dresses became a staple in the wardrobe, layering them over leggings, pants, or on their own–in a sense, an expression of the continued bohemian trend from the winter. i have a lasting impression of origami folded details in skirts and dresses. and my number one favorite, that i still consider a staple of my own, is the harem/carrot top pant with skinny ankles.

2009年春夏で印象的なトレンドはワンショルダーのドレス。特に、米大統領就任式後の舞踏会にミシェル・オバマ大統領夫人が着用したジェーソン・ウーのドレスが代表的でした。2009年はたくさんのスタイルのワンピースが出まして、チュニック代わりにレギンスやパンツとのレイヤリングが多く見られました。それも、冬から続いたボヘミアン・トレンドの表れかもしれません。それ以外では、幾何学的おりがみプリーツも未だに覚えています。個人的には、ハーレム・パンツとの出会いがこの年かもしれません。今でも私の中ではハーレム・パンツは常にある存在です♡(笑)

(left to right):
one shoulder
geometric pleats + watercolor floral
bohemian / tribal layers + tiered dress + retro denim harem pants
shoulder accents + exotic brooches + tunic + carrot top pants
bold & bright pops of color + bulky accessories

happy 2018!

2017 did me well. it was a rough year, but a much needed time to realize what i am capable of and what is pushing it.
昨年は、心身共にハードな1年でした。でも、そのおかげで自身の可能性もリミットも知るきっかけになりました。

now it’s 2018 and i am ready to take on all the artwork my mind can produce! simply put, my resolution is to J U S T  C R E A T E.
2018年になって、全身全霊、想像力を発揮する準備万端です。
今年の抱負は、『作る』。とにかく作る、ひたすら作る

what are your goals for the coming year?
皆さまは、今年の目標は考えられていますか?

whatever they are, follow your heart, your soul, and believe in yourself, trust your instincts. may you all have a fulfilling year for both body and mind.
何があっても、心を、自身を、勘を信じて進めば大丈夫。
皆さまにとって、精神的に、身体的に、健康な一年になりますように。

H A P P Y  N E W  Y E A R ! !

p.s. the main photo of this post is of my nengajou for this year! all lettering and graphics by me. (still practicing chalkboard lettering in 2nd photo!)
メインフォトは、今年の年賀状。今年もグラフィックとレタリングデザイン頑張りました!(2枚目のチョークボードアート、頑張っています!)

handmade greeting cards for 2017 holiday season!

december is already halfway through! the past couple months has flown by faster than light years! exaggerating? yes, but really… i still had to squeeze in this batch of handmade holiday cards for friends and fam. once an idea comes to mind, i just must. do. it. here, i share the process!

もう12月が半分過ぎてしまい、この数カ月が猛スピードで過ぎ去ってしまいました。でも、どうしても作りたいクリスマスカードのアイデアを思いついてしまい、作っちゃいました!今回は、親戚や友人宛なので販売しませんが、特別にプロセスお見せしちゃいます☆

. . . . .

i started off by creating the layout on adobe illustrator
パソコンでレイアウトを作る

handcut letters
文字の切抜きはすべてハンドカット

these transparent origami sheets are from daiso.  i’ve been waiting for the perfect opportunity to use them! instead of using traditional christmas colors, i wanted to go with a “holiday neutral” color scheme. a bit of 90’s and a bit of neon and every bit pop!
以前にダイソーで一目惚れした透明のおりがみ。使う機会を待っていました〜!海外の友人でクリスマスを祝わない方もいらっしゃるので、あえて赤とグリーンにこだわらないカラーテーマを考えました。90年代風なネオン&ポップになりました!

after covering the backside of the transparent sheets, i wrote in the “holidays”. i’ve been practicing my lettering, and these are the perfect opportunities to put them to use!
friends and family won’t judge 😉
おりがみの裏面をカバーし、手書きで 『holidays』 を入れました。最近レタリングに力を入れていて、家族や友人に贈るカードであれば、プレッシャーなく実践できます ^_^;

i switched the string to this glitter thread i found at another 100yen shop!
最後の最後に、キャンドゥーで見つけたラメ入り糸を見つけたので、こちらに変更!

v o i l a !

H A P P Y  H O L I D A Y S ! !

kamari

kamari city is where acropole sunrise (my hotel) was located. it is probably most known for the black “sand” (more like pebble) beach. there is walkable access to the ancient thera ruins if you are willing to hike; if not, there is a bus that goes there (the bus stop is near the beach). it is a quaint city, with a bus that leads to fira which is the main bus hub to go to all the tourist spots on thira island. since i went in the very beginning of the season, it was too chilly for the beach and many of the beach side hotels were closed. in peak season i can imagine it must be very lively. many locals live in this town with an elementary school, two supermarkets, a bakery, a souvlaki stand, and some restaurants scattered about, it is a very comfortable city to stay.

宿泊先のアクロポール・サンライズはカマリ市にあります。カマリの名所は黒い砂(どちらかというと黒い小石)のビーチ。古代ティラの遺跡も歩ける距離ですが、ハードなハイキングが厳しければカマリ・ビーチ近くのバスからもアクセスできます。私が行ったのはシーズン始めだったので、海水浴には寒く、閉まっているホテルがほとんどでした。ピーク時はビーチ付近にホテルやバー・レストランが多いので賑わっているかもしれませんが、住宅街や小学校がある静かな町です。ティラ島の中心部でメインの観光地のフィラまでバスで一本。その他の観光地はフィラで乗り換えられます。スーパーが2箇所、パン屋さん、スブラキ・スタンド(ギリシャを代表するファースト・フード、日本で言えばたこ焼き屋さんみたいな手軽さ)、たくさんのレストランなど、とても居心地の良いカマリでした。

in 1957 there was a big earthquake in santorini. petros’ (acropole sunrise’s owner) father’s house included, the original town of kamari was destroyed. it happened at 10:00-11:00 am, so most people were out of their homes and in the fields. unfortunately, many mothers with little babies that had been staying inside had passed away. the current town of kamari is the new one.

1957年、サントリーニで大きな地震がありました。アクロポール・サンライズのオーナーのペトロスから聞いた話ですが、彼の父親の家を含め、元のカマリ市は破壊されました。午前10時〜11時頃に起きたので、ほとんどの人は外出していました。ですが、乳幼児の面倒を見る母親たちとお子さんたちの多くは亡くなりました。その後、別の場所で再建されたのが現在のカマリです。

there’s something significant about getting to hear first-hand, the stories of a precious island so rich in history (geologically and religiously/archaeologically). this current thira is relatively new, a work in progress, living amongst ruins, constant work to create more and more hotels. however, the truth is that they live in a dormant volcanic area (not due to erupt anytime soon–probably not in this lifetime), but the last eruption wasn’t too long ago and earthquakes happen. it’s a recently modernized island–wifi is still new and electricity comes by way of underwater pipeline. it will be interesting to see how it changes in the near future.

この小さな島が経験してきた様々な歴史(地質的にも、宗教的にも、考古学的にも)の話を直接現地の方々から聞けることは貴重な体験だと感じました。現在のティラ島は、なぜか若く感じます。地震や火山に破壊された地、廃墟とともに暮らし再生を試みている人々。その再生への道に、観光業界という希望の光があったのか、たくさんのホテルが建てられている。現実を見ればサントリーニ・カルデラは休火山で、近年中に噴火する気配はなさそうですが、前回の噴火を経験した人はいて、地震も起きています。wi-fiが入ったのもごく最近で、電気は海底ケーブルを通してギリシャ本土?から来ています。そんなサントリーニ、ティラ島はどのように変わっていくのでしょうか?

. . . . .

– P I C T U R E S Q U E  H O T E L S –
– 絵 に な る ホ テ ル –

– K A M A R I  B E A C H –
– カ マ リ ビ ー チ –

KAMARI BEACH

KAMARI

KAMARI BLACK SAND

– L O C A L  L I F E –
– ロ ー カ ル ラ イ フ –

the supermarket (this one was slightly cheaper than the one near the beach). i bought greek olive oil, soap, and honey for souvenirs here!
スーパー (ビーチ近くのスーパーより全体的に金額が安かったです)。ここでお土産用のギリシャ産オリーブオイルやオリーブオイル石鹸、ハチミツなど購入しました。

– M O N A S T E R I E S –
– 修 道 院 –

– H O U S E S –
– 民 家 –

– D O N K E Y  S T A B L E S –
– ロ バ 小 屋 –

i saw these on the first day, rows of white long houses across the street from the slovakis/gyros stand. being a fanatic of color, the rainbow colored windows caught my eye. i asked petros and apparently they’re donkey stables. the local donkey parking lot! until just 30-40 years ago, each household owned a donkey. back then, not many people owned cars. now there are many small hatchbacks or mopeds driving around (much smaller in comparison to the massive american SUV’s or even the compact sedans and kei-cars of tokyo).

初日に行ったスブラキ・スタンドの向かいに見かけた横長に繋がった建物。小さな窓は赤・黄・緑・青の原色に塗られていました。でも、ドアも人の気配もないので、何の建物なのか気になりました。ペトロスに聞いたら、30〜40年前にロバ小屋として使用されていたようです。その頃、各家庭に車ではなく、ロバが飼われていたので、公共のロバ駐車場でした。今は、日本の軽自動車に比べても小さな車や原付バイクがほとんどです。

– W H I T E  T R E E S –
– 白 く 塗 ら れ た 木 々 –

i’m so curious as to what the white paint is for!
謎の白い木々!

– T H E  S O U V L A K I  S T A N D –
– ス ブ ラ キ ・ ス タ ン ド –

i was here practically every day! for lunch on the days in and for dinner after all the hiking and touring. the chairs matched the color of the donkey stable windows! i see a lot of these primary colors around santorini, like the flower pots i saw in fira.

観光していない日の昼食や一日出かけていた日の夕飯にと、ほぼ毎日立ち寄っていたスブラキ・スタンド。ギリシャ名物のスブラキは、一口大に切った肉や野菜などの串刺し料理です。ポテトフライや野菜とともにピタサンドに包まれて出されました。店内の椅子は、ロバ小屋と同じ原色。フィラで見た植木鉢も同じ色でした。

– C I N E M A –
– 映 画 館 –

on the third day, i decided to go see the fate of the furious (international movies in japan show much later, so i figured why not see it early?) at the cinema in kamari. kamari has a famous drive-inn theater, but it was much too cold for that. unfortunately, since the subtitles were in greek, i had no idea what was being spoken in the foreign language scenes…

三日目の夜、大好きなワイルド・スピードシリーズの最新作を観にカマリの映画館へ行きました!夏場であれば有名なドライブインシアターもあるみたいなのですが、シーズン前でまだ開いていませんでした。残念ながら、字幕がギリシャ語だったので、外国語部分は全然分かりませんでした…

fira

here are more photos from my first day at fira. it was so exciting to finally see those white walled buildings in person. against these white walls, are the aegean blue, pops of primary colors, and the vibrant bougainvilleas. touristy or not, santorini really does have its own unique aesthetic. i will let the photos do the talking.

初日のフィラで撮った写真をまとめました。サントリーニ名物の白い建物がやっと見られて、ウキウキしました!天候も完璧で、白に映える『aegean blue』(エーゲ海色の青)の屋根、街中で見かける原色のアクセント、そしてブーゲンビレアの鮮やかなマゼンタ色。観光地とは言え、サントリーニらしさが魅力的でした。

this is the little hike i did at imerovigli (half way from fira to oia) to “skaros rock”. skaros rock was a fortress against pirates in the middle ages. read here, to find out more!

フィラからイアの中間地点にあるのはイメロヴィリ。イメロヴィリに小さな半島があり、これは『スカロス・ロック』。中世紀に海賊から守る要塞として利用されていた半島です。その後、幾度も地震があって今では廃墟すらほとんどありません。

the view of imerovigli from skaros rock
スカロス・ロックからみたイメロヴィリ

walking back from imerovigli to fira
イメロヴィリからフィラへ戻る

bus transportation on thira, santorini

there are multiple forms of transportation on thira island: walk, bus, taxi, rental car, and atv. i chose to walk and use the bus. the bus system might be confusing at first, but once you get the hang of it, it’s not so difficult. just remember, if you’re not staying in fira, you need to first take a bus to fira, which is the central bus hub of thira island.

ティラ島での移動手段は歩き、バス、タクシー、レンタカー、とATV(4輪バギー)。私は基本歩きとバスで大方過ごせました。バスの乗り方や乗り換え方法には最初戸惑いましたが、慣れれば大して難しくなかったです!一番のルールは、滞在先がフィラ以外であれば、まずは中心地のフィラへ向かい、フィラから行き先方面のバスに乗り換えます。

i stayed in kamari, which means i needed to take the bus to fira in order to go to perissa, perivolos, akrotiri, the airport, etc. from fira, imerovigli and oia are great walks, so no bus was needed. if you’re up for using your own legs, there were other visitors in my hotel that actually walked all the way to fira.

私が泊まっていたのは、カマリだったので、1.カマリ→フィラ、2.フィラ→ペリッサ、ペリヴォロスアクロティリ空港など。イメロヴィリとイアは、フィラから歩くと景色も楽しめますので時間があれば歩きがオススメです!同じホテルに泊まっていた人で、フィラまで歩いた方もいらっしゃいました!

at the bus station in kamari was this time table:
カマリのバス停にあった時刻表:

the first column means, from fira the bus to kamari leaves at __:__. the second column means, from kamari to fira, the bus leaves at __:__. i believe the 12:55 bus never came, and i always had to wait for the next one. so a good point (like possibly any other bus in any country) to remember is, don’t expect the bus to be on time. have a book to read or something to kill time! the other columns were irrelevant to me, but maybe the locals make use of that information.

1列目の時刻は、フィラ発→カマリ行きのバスの出発時間。2列目は、カマリ発→フィラ行きのバスの出発時間。カマリ発の12:55分のバスは毎回(3回も)来なかったので、次のバスが来るまでしばらく待っていました(次のも遅れたり…)。まぁ、バスですから時間ぴったりに来ないと考え、余裕のある行動が良いかもしれません。3列目以降は、逆に混乱してあまり参考にならなかったです。

. . . . .

below are the time tables at fira. lots of tourists are walking around, wondering which bus is theirs. just ask the girls at the window and they’ll tell you which number bus to get on or will be arriving. the bus conductor will yell out the destination and final boarding call, so keep your ears open, or just ask.

下の写真は、フィラのバスターミナルにある時刻表。戻りのバスが遅れることもあるので、分からない場合は、窓口のお姉さんたちに聞いちゃった方が早いかもしれません。あまり整備されているような所ではなく、バスを逃してしまうと次のバスまでしばらく時間が空くので、観光客がなんとなく目的地行きのバス周りを徘徊している感じです 笑。出発前に車掌さんが行き先を大声で呼ぶので、聞き逃さないように!心配であれば、やはり窓口のお姉さんにその都度、バスの番号を聞いてそのバスの前で待つのが安心かもしれません。バスが遅れて知らないうちにバスが来ていて、出発してしまうかもしれませんので、乗るまで油断できないです。

once on the bus, the bus conductor will come down the aisle and you pay for the ticket then. hold on to the ticket until your destination, as they may ask to see it.

バスの切符は、乗車し出発してから車掌さんから購入します。バスの行き先が複数ある場合、目的地をしっかり伝えないと終点まで行ってしまうかもしれません。降りるまで切符は手元に置き、降車時に車掌さんが確認するかもしれません。

*one thing to be careful of is the last bus. especially if you’re watching the sunset in oia. you need to get from oia to fira, then catch the bus to your final destination. in my case, had i seen the sunset in oia, i wouldn’t have made the last bus to kamari in time. that added to my deciding to see the sunset in fira instead.

*注意点: 最終バスの時間をあらかじめ把握しておいた方が良いです。特にイアで夕陽を見る場合、歩いている時間がないので、イア→フィラ、フィラ→目的地となります。フィラからの最終バスが日が沈む前の可能性が高いので、帰りの移動手段もある程度考えてあると安心です。私も最終日にイアからではなく、フィラから夕陽を見たのもそれが一つの理由でした。ツアーの場合はサンセットを含むツアーであれば、ツアーバスで帰られるので大丈夫です。