day 4: rainy day

SANTORINI DAY 4: R A I N Y  D A Y

seven months after my trip, i still remember all the “feels” as if i were still there. having my breath taken away by the beauty of geological formations and the strong gusts of air sweeping in from the aegean sea; i was able to experience forces of nature i had never before, feeling at one with nature time and time again.

サントリーニに行ってからもう7ヶ月も経ってしまいましたが、今でも一つ一つの感情をその場にいるかのように感じます。そびえ立つ岩肌と地層に圧巻され、エーゲ海から吹く突風に耐え、これまで経験したことのない自然のパワーと一体感すら感じました。

. . . . .

this fourth day, it was a mostly full day of rain. not to mention, a much needed day of rest and soaking it all in and preparing for my last full day. it was pretty cold (low 60’s in fahrenheit, around 15 in celsius) compared to the moderate temperatures throughout the trip.

4日目はほとんど雨でした。さすがに三日連続でたくさん歩いたので、身体を休ませてここまでの体験を頭の中に収めるためにも必要な1日でした。温度もだいぶ下がって、これまで20°前後だったのに比べて15°ぐらいでした。

it cleared up just in time for sunset (with the gray weather continuing, i had been deciding against taking a trip to oia… apparently it was a stunning sunset in oia that day!). although the sunset couldn’t be seen from this side of the island, i could tell that it must have been quite dramatic.

ちょうど夕陽の時間に晴れ始めました(曇り空がまだ残っていたのでギリギリまで待ってイアに行くのを諦めましたが、この日のイアの夕陽は素晴らしかったみたいです)。カマリから日が沈むのは見られないのですが、この風景だけでもその絶景さが想像できます。



leaving this day to prepare for a jam-packed exciting day 5!
では、次の日は最終日、たくさんの予定を詰め込みました!

day 3: perissa

SANTORINI DAY 3 : P E R I S S A


this day started off grayer than the day before! being that the forecast said it wouldn’t be great and i was still tired from the day before, i decided to stay in and catch up on reading and working on art.

前の日よりも曇り空。天気予報もこの日は悪天候と聞いていた上、前日の疲れもたまっていたので、ホテルでゆっくり読書したり絵を描いたりしてリラックスすることに。


then, as the morning proceeded, the clouds burned out and the weather cleared up! not to mention there was a power outage (which means no running water here either…) and i started getting restless.

すると、お昼を迎える頃には雲が消え、快晴になりました!しかも、ホテルで停電になってしまいネットも使えず、サントリーニでは水道も電気で流れるらしくトイレも使えなくなったので、閉じこもっているよりは、ちょっと太陽を浴びようと出ました。

i decided to take a trip down to perivolos and walk along the beach to perissa. on the map it’s very close to kamari, but with a mountain there (the one i mentioned on day 2 where i saw the clouds rolling over), it requires passage via bus from fira (or so i thought…).

バスでペリヴォロスまで行って、海岸沿いで近くのペリッサまでお散歩しようと決めました。ペリッサとカマリは地図上だと近いですが、間に大きな山がそびえ立っていて(前日のバスから見たホテル裏の山)、「バスでしか行けないよ」とホテルのオーナーに言われました。


well, the service on the bus to perivolos/perissa was quite unpleasant… the ticket fare collector on this bus was rude to some passengers and that had me cross… not to mention, they skipped the perivolos stop and dropped all of us off at perissa. which may have turned out for the better because it was extremely windy (like i mentioned on the tour day, the wind seems to blow from this side of the island over the mountain).

このバスでのサービスが最悪で、車掌さんが他の乗客にすごく失礼な態度をとったり、ペリヴォロスで降りる人が他にも何人かいたのに、通り過ごしてペリッサまで行ったりと、お散歩気分が台無し。でも、風がすごく強く(前日書いたように、山のこちら側から風が来てカマリ方面へ流れていきます)、砂が飛び散らされてお散歩どころでもなかったです。

to avoid sand in my eyes and to blow off some steam, i decided to wander away from the perissa beach towards the mountain. the further i walked the more i was blown away by the size. it’s not necessarily super tall, but something about it has such presence.

砂を避け、気分転換にペリッサを背にして山の方へ向かいました。東京や日本の山ほど高くはないのは確かですが、ドーンとした存在感のある岩肌に進めば進むほど、この山に圧倒されました。

i had asked the hotel owner, petros, if this mountain was climbable and he said “haha, i saw people coming down the mountain once. they’re insane!!” challenge accepted! well, only after i saw the mountain and this map! this map means, the mountain has an actual hiking trail! i mean, if i weren’t capable i could always turn back?

ホテルのペトロスに聞いたところ、「あの山?登れるわけないよー 一回近くのカフェでお茶してたら、人が降りてきたのを見たけど、あり得ないあり得ない!」 山の麓付近にあったこの地図を見たら、あれ?ハイキングトレイル?登れるんじゃん?ペトロスの言葉を一旦忘れて、挑戦!無理だったらすぐ戻って、バスで帰られるしね。

as i walked on into the hike, i saw a mother and son (early teens?) coming down and i asked if the hike was difficult. the woman pointed at her feet in leather thong sandals. “if i can do it in these, not at all.” well, there you have it.

トレイルの方に進んでいたら、ある母子が降りて来るのを見かけました。息子さんは中学生ぐらい?「このトレイル難しいの?」と聞いたら、お母さんが足元を指差して、「このサンダルでできるんだったら、大したことないわよ」と。じゃあ、出来るんじゃん!

the day i flew in, petros picked me up at the airport and during the drive, he told me that we were passing the mountain where you could see a lone light at the top, one of the oldest monasteries on thira. the monastery of profitis ilias (prophet elias), which i visited on another day, is at the highest point of the island. you can see it at the top of this mountain in the center of the photo.

ティラ島に着いた夜、ペトロスが車で迎えに来てくれました。ホテルまでの道はほぼほぼ暗闇の中で、「左手には海、右手は山。頂上にポツンと電気が見えるのは、ティラで一番古い修道院なんだよ。」プロフィティス・イリアス修道院は、また別の日に行きましたが、ティラ島で一番高い位置にあります。この写真では山のてっぺんに見えます。

the cool crisp air and the steep, unpaved gravel path added to the impact of this mountain. that VIEW, though!
at the top was the ancient thera ruins. it was closed when i arrived, but this also, i visit another day.

まだ春になりきっていない時期で、強い風が冷たく、都会っ子にとって不慣れなトレイルはほとんど舗装されていないラフな砂利道。これも山の壮大さに加わったのかもしれません。そして、自力でここまで登ったら景色も壮大でした。
山頂には古代ティラの遺跡。この日はもう既に閉まっていたので、改めて別日に行きました。

for this day, i decided to make my way down and soak in this experience. this view is the opposite side of the mountain, going back toward kamari.

始めてのハイキングで味わった興奮を吸収するにも、早めに切り上げてカマリへ下山しました。この写真は山のカマリ側。

on my way down, i saw a small group of women going down some stairs. honestly, had i not seen them, i think i may have gotten lost on my way down. it was a curious flight of stairs, which led to…

下山中、ちょっと先に複数の女性のグループがいました。正直言うと、彼女たちを見かけていなかったら遭難していたかもしれないです。ついて行ってたら、どこからとなく山肌に隠されていた不思議な階段が現れました。

my first taste of the religious history here. it was kind of an appetizer to my next hike i’d make to ancient thera (usually, people would see this hiking up on the way to ancient thera, i kind of came through the backdoor from perissa).

この旅で初めて触れた神秘的な宗教の静けさ。後日、古代ティラの遺跡を訪れる前のオープニングのような場所。恐らくほとんどの方は、古代ティラへ登る途中に見つかるポイントなのですが、逆から来たので下山中に見つかりました。


here is the spring that i entered with the group of women ahead of me. thank goodness for them, because one of them used their smartphone flashlight so we could all catch some photos and find our way in. otherwise, it’s pitch dark in there.

先に入った女性のグループがスマホのライトを照らしてくれてやっと目先が見えたのは泉の中。自然に湧き出る泉はその昔、古代ティラのみならず島中に水を与えていたそうです。


back on my way down to kamari. that really is one steep mountain.
泉を出て、カマリに向かって登山を続けました。本当に急な山道でした。

. . . . .

it really was one exhilarating day. the sun clearing up, the power going out, the bad service on the bus—all of it lead me up the mountain to find myself and my connection to nature.

ペリッサに着いてから興奮しっぱなしな日でした。太陽が出て晴れたことも、停電になったことも、バスで嫌な思いをしたことも、どれもこの山を登らせるように偶然が重なり、自然と触れ合って繋がる楽しみを知るきっかけが生まれました。

to tell the truth, this is the most i’ve ever experienced nature. i’m a city girl, i love public transportation, the chaos of crowds, having everything at my fingertips. yet, this trip, this particular day, was an awakening—telling me how much nature is majestic and powerful, to appreciate its existence, and at the same time how small people are. we humans are a miracle, but nature is vast and is what allows us to be.

こんなに自然と触れ合うことは、私の人生で初めてでした。都会っ子で、満員電車も人混みのカオスも嫌いじゃないし、なんでも手に入る便利さが当たり前。ただ、この旅の特にこの日に目覚めさせられました。自然の雄大さとその存在に感謝を感じました。人間は、この大きな地球、大きな宇宙に比べてとても小さな存在であること。でも逆に、その大きな宇宙でもとてもレアな存在の人間でもあること。人類はミラクルでありながら、大自然のおかげでここにいるのです。

day 2: santorini volcano tour

SANTORINI DAY 2 : V O L C A N O  T O U R

i usually don’t like to do tourist-y things when i travel—something about wanting to experience what the locals do everyday (see the supermarket, yoga at the beach/park, take the bus, do laundry, and talk to the locals about life and their history). in santorini, though, there’s so much history to learn about! not just culturally, but in its nature as well. and to hear more about the history, for once i decided to let go and be a tourist.

普段旅行する時は、『ザ・観光客』スポットはなるべく避けています。私にとって、『旅』とは、新しい世界を自身の目で見て、地球人としてこの地球をもっと知ること。現地の人達の生活を少しでも経験すること。スーパーに行ったり、バスに乗ったり、洗濯物をしたり、その地の日常や歴史の話を聞いたり。サントリー二は、特に豊富な歴史を持つ島々です。文化だけでなく、自然界に刻まれている歴史がたくさん残っていました。その情報を知るのに、開き直って『サントリー二火山ツアー』に参加することにしました。

. . . . .

to start the day, the sunrise started cloudy, but partway, the sun showed through the clouds. the dramatic kind of shining through, right? () to add to the dramatics were the monastery bells ringing in unison through kamari. i had never heard such a beautiful sound living in the suburbs of washington or tokyo.

この日の始まりは、雲のかかった朝日。雲の間からさす太陽の光がまたドラマチックでこれもこれで素敵な朝日でした。そこに加わったのは、カマリ中の修道院から鳴り響いた鐘の音。東京やシアトルの郊外に住んでいると、絶対に味わえない人生で初めて聴いた音でした。


– T H E  T O U R –

the tour started off in kamari by bus. we first drive towards fira, the central tourist town with the beautiful maze of white walled hotels, restaurants, and souvenir shops.
along the way, i looked back toward kamari, and froze. there was a thick churning fog, coming down the mountain, right over where my hotel was. it almost looked like an act of magic. (i discovered later, that the wind blows over from the sea in this direction).

さて、ツアーが始まりました。カマリ市からバスで出発。白い壁の建物で知られているメインの観光スポット、フィラに向かって走っていたら、ふとカマリの方を見ました。その光景に息を止めてしまいました。私が泊まっていたホテル裏の山頂から龍が舞降りるような雲?霧?が波のように流れていました。滞在中に分かったのは、海からの風や雨は基本的にこの方向から吹いてくるようです。

1 S T   S T O P :
the athinios port, to board the king thiras boat.
アティニオス港。ここからキング・ティラス船に乗船しました。

this photo is the bus heading halfway down the mountain towards the port to the right. look at these cliffs and the layered rock!
この写真は右手にあるアティニオス港へ向かって山を下る途中。この崖や岩の層に圧倒されました。

view of athinios port / アティニオス港

view of thira. the ferry is at oia, to the right is fira, and the port at the base of fira is the old port.
ティラ島。フェリーの位置はイア、写真右はフィラ、フィラの麓にはオールド・ポート。

2 N D  S T O P :
the national geological park of nea kameni—aka volcano!
国立地質学公園(直訳)ネアカメニ島の火山!




i asked our tour guide, tanya (she was the best and the sweetest!) about this sign. in hawaii (on the big island), it is said that the fire goddess, pele, will bring misfortune to those who take rocks from her island. here (and on the big island, too), it is because taken rocks alter the geological environment, and is illegal. especially all those people piling rocks, even though it is very romantic and all, it obviously isn’t a naturally occurring phenomenon (let’s keep that to river beds that aren’t protected geological parks).

この看板には「石を取ったり、動かしたり、持ち帰ったりしないでください」とあります。小学校の修学旅行(オアフ島で生まれ育ったので)でハワイ島に行った時に「ハワイの石を持ち帰ると火の女神、ペレが怒り、その人に不幸をもたらすよ」と言われました。ツアーガイドのタニヤに聞いたら、ネアカメニは国立地質学公園なので、石を動かすことは地質的環境を変えてしまうため違法だそうです。それでも、何個もの石を重ねて残されてた形跡はたくさんありました。

there’s a view of fira from the volcano! / 噴火口から見たフィラ。


you can see steam coming from the ground. the last photo is our guide, showing that just 5cm deep, the ground is extremely hot.
地面から蒸気が上がっている様子。3つ目の写真は、ガイドのタニヤが見せてくれた、地面から5cm掘るだけで感じる火山の熱。

3 R D  S T O P :
the hot springs of palia kameni
パリアカメニの海中温泉

for the brave souls who were willing to go in cold water for a quick swim to the hot springs between nea and palia kameni!
ネアカメニとパリアカメニの間にある硫黄泉まで、船から泳いで体験。船から往復して15分ほどで皆さん戻ってきていました。

4 T H  S T O P :
thirasia island
ティラシア島

view of thirasia island / ティラシア島

view FROM the port of thirasia island / ティラシア島の港から見た景色

the two front islands are nea kameni (the volcano) on the left and palia kameni on the right. beyond that is thira.
手前の左は火山島のネアカメニと右はパリアカメニ。その向こうはティラ島。

an abandoned? building near the port / 港近くにあった廃墟?

i took a short climb up a ton of stairs (i say short because the next stop is a climb up to oia of nearly 280 steps).
次のイアでたくさんの階段を登る予定にも限らず、ここでも頑張って登りました。

F I N A L  S T O P :
oia village
イア町

that’s the 280 step climb! / 280段。

and the cool, suave, photogenic (and uninterested lol) donkey handler partway up.
階段登り用のロバを扱うおじさんが50年代のハリウッド映画に出そうなオーラでしたが、写真を向けられて無関心。笑

half-way up the climb! / 半分地点!

this is oia, which was called “the upper world”, where captains and rich folk lived. now it is full of swanky, luxury shops and stores on the main walkway.

これがイア町。『イア』とは、「上の世界」という意味で、かつては船長さんや上流社会が住んでいたところです。現在でもラグジュアリーブランドを扱うブティックが多く、フィラと明らかに違って、高級感漂う石畳の歩道でした。

monastery bells. / 修道院の鐘。


the final stop of the tour was for the oia sunset, which as you can see didn’t happen this day…
この日の締めくくりは、イアの夕陽。でしたが、結局曇り空が晴れることなく、見られませんでした。

the dolphin monastery. this is where the bells were being rung earlier.
イルカの修道院。先ほどの鐘が鳴らされていたところです。

a final look at oia and its twinkling lights. / 日が沈み、少しずつ明かりが灯されたイア。

. . . . .

although i didn’t get to catch the renowned oia sunset, the intense dose of nature was absolutely inspiring. to learn how the caldera was formed throughout history and how it reached it’s current formation, how it will continue to transform—as it is a dormant volcano—one can only realize that we are not in control of mother earth.

結局、サントリーニ名物のイアの夕陽は見られませんでしたが、自然と触れ合い、サントリーニの火山についてたくさんの話を聞けて、ツアーを満喫しました。カルデラができてから今日まで、そしてこれからまた噴火する可能性がある休火山ということ。この地球に住んでいる限り、我々人間のある意味無力さを感じさせられました。

as i learned from our tour guide, tanya, kalinihta (good night)!
では、「カリニヒタ(おやすみなさい)!」

santorini in a very big nutshell

i’ve been gathering, logging, summarizing all the little details and photos from my santorini trip in april, 2017. here i’ve linked to each page, all in one post so you can come back here to check out the details in order (or out)! it’s really a lot of information, so i’ve tried to keep it as organized as possible. i recommend reading in the order listed, but if you need specific information please skip the nitty gritty and enjoy as you wish =)

2017年4月の旅からずーっとこの旅日記と写真をまとめてきました。こちらのページにサントリーニについての投稿をリストアップし、それぞれのリンクを載せました。かなりの情報量なので、整理整頓して順番に記載しています。もちろん、順番に読んでいただいた方が分かりやすいと思いますが、一つ一つの投稿にもリンクを載せていますのでお好きなようにお読みください!

P.S. there are many similar names of cities that might get confusing. santorini is the entire collection of islands in the caldera, which was originally one island of santorini. over the years, after multiple eruptions and earthquakes, parts of the island had sunken to create separate islands. THIRA is the biggest crescent shaped island of santorini. FIRA, located on THIRA is the capital of santorini. ANCIENT THERA are ruins located on the mountain in between kamari and perissa.

注意:似たような名前が多いので、お気をつけください!サントリーニというのは元々一つの島でしたが、地震や火山噴火の影響で何箇所か沈没してしまいました。今のサントリーニ・カルデラ(火山地域)は、複数の島で成り立っています。そのうちの三日月型の『ティラ島』がメインの島です。『ティラ島』には、サントリーニ全体の首都『フィラ』があります。『フィラ』が、一番中心的な観光スポットです。『古代ティラの遺跡』は、『ティラ島』のカマリペリッサの間にあります。

– D A Y  0 –
welcome to my travelog
introduction and flying in
旅日記を始めたきっかけとサントリーニ、ティラ島に着くまで

– D A Y  1 –
fira
exploring fira to imerovigli
フィラからイメロヴィリまで探索
i have another post of a bunch of photos from fira in extras below!
下記『extras』欄にフィラの写真をたくさん載せた投稿もあるので、ご覧ください

– D A Y  2 –
santorini volcano tour
サントリーニ火山ツアー

– D A Y  3 –
perissa
hiking from perissa to kamari
ペリッサからカマリへハイキング

– D A Y  4 –
rainy day
staying in and chillin’
雨の日は、休息日

– D A Y  5 –
history and sunset
ancient thera, akrotiri, and the grand finale
古代ティラの遺跡、アクロティリ、グランド・フィナーレ

ancient thera
a post dedicated to ancient thera
古代ティラの遺跡の写真

– D A Y  6 –
goodbye santorini

. . . . .

– E X T R A S –

acropole sunrise
the hotel / 宿泊先ホテル

bus transportation on thira, santorini
ティラ島のバス移動について

santorini food

fira

kamari

buildings in santorini
サントリーニの建物

nature & geology of santorini
サントリーニの自然と岩石

spice jar labels
handmade/handwritten labels for the spices i bought in fira
フィラで購入したハーブ・スパイス・ミックスように作った保存瓶

E N J O Y ! !

handmade denim sleeve

i’ve been spending the past couple of months going through my stock of fabrics and materials, and boy do i have lots of them that have accumulated over the years since fashion school. i had been putting off tons of projects that i bought fabric for and never got through to realizing. some projects i have finished, some have become things of my mind’s past, and in their place new ideas have formed–one of them being this denim sleeve.

この数ヶ月間、服飾学校時代から溜めてきたたくさんの生地や材料を整理していました。その量も半端ではありません。。。^_^;; やっと完成したアイデアもあれば、もう作らないであろう物もあったり、代わりになる新しいアイデアもたくさん考えています!完成した物の中で、今日はこのデニムのスリーヴを紹介しま〜す。

having been raised in seattle, i have a soft spot for starbucks and tully’s coffee, which are both found in tokyo. unlike in the states, most people use public transportation in this country. thus, our love for bags that are just big enough to cram all of our essentials in (representing people like moi). granted, there are many a cool, stylish girl that can seem to leave the house with a compact clutch holding just a smartphone (in a smart case that carries their train passes and credit cards all-in-one, or even better–apple pay), a tiny wallet, and lip tint. i mean, what about 3 packs of tissue, water bottle, makeup bag, notepad, pen, handkerchief, ipod, extra smartphone charger, etc….?? my point being: having to carry a personal tumbler or mug to my local caffeine joint, is way too much luggage than i already have to carry–especially for that unplanned stop-in to kill time.

私は、シアトル出身なのですが、「シアトルと言えば!」と言うとスターバックスがほぼ第一にあがりますよね?実は、タリーズ・コーヒーやシナモンロール専門店のシナボンなどもシアトル発なんですよ(シナボンがシアトル発とは、恥ずかしながら今年初めて知りました。。。)!どれも日本で楽しめるお店で、シアトル愛が熱いのか(ただのトレンド好きなのか?)どれも大ファンなんです♡
このように、レギュラーでコーヒー店に通っていたらどうしてもエコフレンドリーさを考えると、「手持ちのマグやタンブラーを使用したいなー」と思うことが多々あります。ですが、打ち合わせや待ち合わせで急遽立ち寄る場合があると考えると、普段からただでさえ荷物が多い私にとっては、持ち歩くことは楽ではありません。

although it’s not as green as having a personal tumbler at hand, i decided to make this fabric sleeve to replace the brown cardboard sleeves made of recycled material. yes, they are eco-friendly, however, not so much if they’re going straight back to waste after a couple hours of usage. there was a time where i would hold onto the sleeves for next time, but starbucks and tully’s have differently shaped cups, and i order anywhere between a short and grande, which would result in carrying around 4 sleeves at a time (at least starbucks uses the same size for tall & grande #marketresearch). they all started cluttering my bag again and became inspiration to make an all-inclusive sleeve for 3 different sizes at two different cafe chains.

確かに、紙のカップを使う点から、手持ちタンブラーやマグほどエコではないかもしれませんが、数時間しか使わないダンボールの使い捨てスリーヴよりはだいぶマシです。一時期は、スタバやタリーズのスリーヴを使い回してバッグにずっと入れていました。ショート、トール、グランデサイズ、そしてスタバとタリーズではカップの形が違うので、それぞれのお店の物を集めていたら、普通に4〜5枚持ち歩くことになってしまい、諦めました。実は、これがきっかけでどちらのお店でも、どのサイズでも対応できる1枚のスリーヴを作りました。

the result, i patched together some of my favorite leftover denim scraps (these are
another story on their own!) to sew up a denim sleeve that works for all three sizes at both stores (yay velcro!)! even more, i used quilting to function as insulation, working better than the cardboard.

たくさん余っていたデニムの残布(このデニムにも
ストーリーがあるんです!)をパッチワークにし、マジックテープを縫い付け、キルト芯を挟んで仕上げたらスリーヴとしての機能がしっかり実現できました。

it’s pretty cool to say, “no sleeve please!” and the barista goes, “umm… please be careful, it’s very hot” and BAM! i flash my swanky chic denim sleeve (brush that dirt off my shoulder, uh huh). before it all goes to my head, i understand that my next step is to create a portable, collapsable cup that i can carry around (or someone else can do the work for me? kickstarter?)… in the meantime, i’ll happily flash my washable sleeve that will be reusable for years. =)

レジで、「スリーヴはいらないです」と伝えると、「ええ、とても熱いので気をつけてくださいね。。」とキョトンとされたり戸惑われたりされます。そういう時に、ランプの下でドリンクの受け取りを待って、自信たっぷりにスリーヴを広げるのが気持ち良いんです!笑 こんな小さな事で快感を得るような私ですが、確かに手持ちタンブラーを超すエコフレンドリーな事はないですよね。いつか、もっとコンパクトに手持ちできる入れ物ができるまでは、このスリーヴを自信満々持ち歩きます!

have a great cup of caffeine!
みなさん、今日も美味しい一杯をいただけますように!

p.s. please do let me know your thoughts about this sleeve and if i should sell it on either or both of my shops!
このスリーヴを商品化するか悩んでいます!ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください〜

fire . water . wind . earth

this is my newly designed personal logo.
“personal”, meaning, not for my shop or brand; it’s me.

新しくデザインした私のロゴ。「私の」とは、「ブランドの」、「ショップの」とかではなく、「自分自身の」です。

there are many symbolisms included in this logo.
today, i want to write about “fire, water, wind, earth”.

たくさんのシンボルを含めましたが、ここで書きたいのは四元素、「火・水・風・土」。

the reason why i wanted to post about this, is because Earth is in pain. this year in japan, we barely had a rainy season, until august came around and we had 20+ days in a row of rain. we finally got some sun and heat the past couple of days. then, we all complain that “ugh, it’s supposed to be rainy season and it’s super hot”; “it’s supposed to be summer but it’s always raining”; “IT’S TOO HOT”. WE keep complaining? what’s Earth got to say about all that we do to it?

というのも、地球が叫んでいます。今年の日本では、梅雨らしくない梅雨が終わってしまい、夏らしくない夏が終わりかけている。「梅雨なのに、あつーい!」、「夏なのに雨ばっかり!」、「猛暑暑い!」など文句ばっかり。逆に考えれば、地球が人間に訴えかけてるのかもしれません。

in the last few days, there has been news in japan that major retail companies will be bringing their prices down in order to get the people to purchase more. a commentator mentioned that there was someone from a fashion company complaining that flea market apps are preventing sales.
in the western world, “sustainability” is a word we hear very often. in japan, it’s still a very new concept and industries don’t seem to appreciate it. in the world fashion industry, seasons are going haywire with “resort” collections squeezed in between, the “see now buy now”, and the resistances against either.
with the over-production, consumption, and accumulation of STUFF, first-world people are over-using our Earth’s resources, at which rate will not last for future generations of all worlds.
even then, there seems to be a “must buy the new trend of this season to fit in” mindset embedded in the japanese people. hundreds of fashion brands here, mass-produce, mass-sell, mass-gets consumed, mass-leftover, mass-throw-away, and mass-add to the piles of trash we already have.
yet, there is some hope, because people ARE buying less and taking advantage of recycling or buying secondhand. so maybe, the people ARE considering “sustainability”. now the problem isn’t the people, but the companies who are still trying to encourage consumption. shouldn’t they be considering how to sustainably produce more than mass? have a goal to make less products rather than make more profit? if the production-consumption balance is off, maybe THEY need to change on their part, because encouraging consumption isn’t helpful for our future in the least.

ニュースでは、連日大手企業の値下げの話題が上がっていて、民衆の購買意欲をあげようとしていると言っていますね。いわゆるフリーマーケットアプリの普及で、大企業の売れ行きが悪くなっているともニュース番組で聞きました。
近年、欧米で話題になっているのは「サステイナビリティ(sustainability)」です。回転が毎年・毎シーズン加速しているファッション業界の中、無駄な生産、無駄な買い物のおかげで世界中の環境汚染が大問題になっています。サステイナビリティとは、少しでもこの無駄を減らし、今あるものをどう大事にするか、これから生産するものがいかに環境に影響を与えずに生産され、無駄のないよう使われた後、どのように地球に戻せるか。我々が(世界中の先進国が)使ってしまった資源は戦後、爆発的に使われてしまっていて、我々の(先進国だけでなく、世界の)子供達に残されていくものがなくなっていきます。
なのに、日本では何百という大量のファッションブランドが毎シーズン大量の洋服を作り、売り、売れ残り、処分し、ゴミの山に足されていきます。日本では、毎シーズン最新トレンドに買い換えなければという強い意識が根付いているようにも感じます。
でも、そんな中、購買意欲が落ちていたり、人々がセカンドハンドで物の売買をしていると聞くと、やはり日本にもじわじわ「サステイナビリティ」が浸透してきているのではないかと思います。それであれば、大企業はそれに対抗して商品を大量生産・大量販売し続けるのではなく、サステイナブルな商品展開をするべきではないでしょうか?前年の利益を超えるために商品を一つでも多く売るのではなく、地球の未来のために少しでも商品を減らすのはいかがでしょうか?販売・購入のバランスが崩れているのは、販売側が購入者側に合わせてみるのはいかがでしょうか?これ以上、購買意欲を促進させようとしても、我々人間の未来には一つのかけらも特になりません。

now, back to the four elements. in order for all these companies worldwide to mass-produce, mass amounts of resources are being used.
四元素に話を戻しますと、世界中の企業が安く「もの」の大量生産を行うために、大量の資源を使っています。

[ E A R T H ]
mass trees are being taken down, mass earth being covered by factories, houses, high-rises.
with all our first-world trendy foods, mass soil are producing off-season, foreign foods, exhausting our soil and not able to provide nutritious produce.

大量の木々が倒されていき、大量の土が工場、家、ビルの下に埋もれる。
贅沢にも、世界中のトレンドフードのために、季節や地域に合わない大量の食料を無理に蓄えて、土も疲れ果てて食材の栄養価も落ちている。

[ W A T E R ]
mass water is filled with trash to make “land”, polluted with chemicals, dyes, and oil for mass-production. our Earth’s water is connected, which means radiation water is included in this pollution right? not to mention fracking…

大量の水の中に大量のゴミが埋められたり、「もの」の大量生産のために化学製品、染料、原油に汚染される。地球の水は繋がっているから、原発の汚染水もそこに含まれますよね。

[ W I N D ]
mass air is polluted with chemical emissions and exhaust fumes.

大量の空気が大量の化学物質、有害物質、排気ガスなどに汚染される。

[ F I R E ]
simply put, mass fire (heat) is being used to create the pollution mentioned above.

単純に、大量の火が汚染過程に使用されています。

without our trees, we have landslides; fracking causing earthquakes; less green more global warming–then we have people relying on air-conditioning to cool down, bodies don’t know how to cool naturally, our health and immunities gone out of wack…
unhealthy soil, pesticides make pretty but unhealthy produce. while our bodies ingest the little nutrition they try to process the toxins, exhausting our livers, and again affecting our health and immunities.
meat and fish are fed this too…
our bodies are already frantically trying to detox all the toxins that we take in via environment and food, we then go and add stress and sleep deprivation for the sake of making money to keep the economy running. see where i’m going? our bodies cannot battle disease anymore. and again i say, hurting the Earth ain’t helping the future of human kind.

木がないと土砂崩れが起きたり、コンクリートやアスファルトで覆われた土のおかげで街中の温暖化が進み、エアコンに頼る事しかできず、人間の身体が対応しきれず、健康不純、免疫低下に繋がっていき。。。。
不健康な土にその地域に合わない野菜・果実に殺虫剤をまいて育てられ、見た目が綺麗でも身体はこれを消化するのに少しの栄養を吸収しますが、必死に毒素を排除しようと肝臓に負担をかける。それもまた、健康不純や免疫低下に繋がっていく。
こんな食料や水を餌とする肉や魚も我々の身体に入っていきます。
我々が汚染している環境の毒+食料を消化しつつ、日々身体がピュアな健康な身体に戻そうと必死なのに、今度は経済のため、生きるためにストレスや寝不足に対応させ、心身ともに壊れていく一方です。ちょっとした病気にも対応できない身体になって来ています。
同じような言葉ばかり並べていますが、だいたい分かりますよね。また言いますが、地球に悪いことをし、我々人類の未来に得する事はありません。

that is why i’m writing this.
instead of helping the companies of japan and the world, we need to change our “need” for “the next new thing”, and think of the Earth and our future generations.
what IS the true meaning of wealth?
i’m not saying i grew up this way. but i ask myself everyday, “do i really need this?”
with all masses of so-called “organic”, local, domestic, imported stuff and foods, one can’t fully comprehend what is really good for their bodies or the environment. what you CAN do is consider trying to “do my best for my body and the environment”. it’s become my motto that i keep in the corner of my mind at all times.

だから私は訴えたいのです。
日本や世界の大企業のためではなく、「新しいもの」に頼る生活を改善し、地球だけでなく人類の未来のためを考えてあげたい。
本当の意味の豊かさは何でしょうか?
私もこういうマインドで育った訳ではなく、今は自分に問いかけて、日々購入するものの本当の必要性を考えてから買うように努力しています。そして、オーガニック、国産、輸入、大量のものや食材がある中、本当に身体・環境に良いものなのかを全て把握するにも無理があります。だから、「私なりに身体・環境のためにできる限りのことをする」というのをモットーにして努力しています。ほんの少しでも、頭の隅っこにこの「意識」を入れる事が第一歩なのです。

handwritten spice jar labels

this past month has been quite a hassle! i had some sort of stomach flu combined with a cold, that led to sinusitis… after 3 weeks in bed, i’ve slowly tried to come back to my daily routine. rolling around in bed so long had me restless and got me into an organization frenzy! which brings me to today’s topic: handwritten spice jar labels.

この1ヶ月間、大変でしたー  風邪と感染性腸炎のダブルパンチで3週間も寝込んでしまい、やっといつもの生活習慣を取り戻しつつありそうです。そんな何もできずにゴロゴロしてる日々が続き、治ってきたら家のいたるところを整理整頓したくなってしまいました。そこで、今日の本題に入りまーす:手書きラベルのスパイス入れ。

ALL

during my visit to santorini, i had bought some wonderful herb and spice mixes, which i had been wanting to find the perfect spice jars for. after much brainstorming and contemplation (of whether to buy a label printer or which jars to buy), i decided to go analog and handwrite labels to put on these jars from the 100 yen shop (seria probably has the bestest trendiest selection!).

サントリーニの旅中で購入したハーブやスパイスミックスを入れる瓶を探していました。どういう瓶をどこで買えば良いのか、テプラとかを買ってラベルを作るかとか、色々と悩んだ末、セリア(セリア、素敵すぎです❤️)の瓶と手書きのラベルを作ることに決めました!

i had A4 size printable adhesive label sheets (the kind that isn’t pre-cut) leftover from a past wedding project. these are great for handwriting or printing any size stickers up to A4, and you have the freedom to create any shape (as long as you’re willing to cut them yourself!). not to mention, the grid lines show through a little bit, helping out with measuring out multiple labels.

過去のウェディングアイテム制作から余っていた、プリンタ兼用のラベルシールを使用しました。ノーカットタイプなので、自由自在にサイズとレイアウトが決められ、うっすら台紙のマス目が透き通って見えるのも便利なのです!

HANDWRITTEN

handletter. cut. stick. / 作って、切って、貼って。

INDIVIDUAL

i felt SO accomplished afterward!! WOOHOOO!
久しぶりに達成感を感じましたー!!