bus transportation on thira, santorini

there are multiple forms of transportation on thira island: walk, bus, taxi, rental car, and atv. i chose to walk and use the bus. the bus system might be confusing at first, but once you get the hang of it, it’s not so difficult. just remember, if you’re not staying in fira, you need to first take a bus to fira, which is the central bus hub of thira island.

ティラ島での移動手段は歩き、バス、タクシー、レンタカー、とATV(4輪バギー)。私は基本歩きとバスで大方過ごせました。バスの乗り方や乗り換え方法には最初戸惑いましたが、慣れれば大して難しくなかったです!一番のルールは、滞在先がフィラ以外であれば、まずは中心地のフィラへ向かい、フィラから行き先方面のバスに乗り換えます。

i stayed in kamari, which means i needed to take the bus to fira in order to go to perissa, perivolos, akrotiri, the airport, etc. from fira, imerovigli and oia are great walks, so no bus was needed. if you’re up for using your own legs, there were other visitors in my hotel that actually walked all the way to fira.

私が泊まっていたのは、カマリだったので、1.カマリ→フィラ、2.フィラ→ペリッサ、ペリヴォロスアクロティリ空港など。イメロヴィリとイアは、フィラから歩くと景色も楽しめますので時間があれば歩きがオススメです!同じホテルに泊まっていた人で、フィラまで歩いた方もいらっしゃいました!

at the bus station in kamari was this time table:
カマリのバス停にあった時刻表:

the first column means, from fira the bus to kamari leaves at __:__. the second column means, from kamari to fira, the bus leaves at __:__. i believe the 12:55 bus never came, and i always had to wait for the next one. so a good point (like possibly any other bus in any country) to remember is, don’t expect the bus to be on time. have a book to read or something to kill time! the other columns were irrelevant to me, but maybe the locals make use of that information.

1列目の時刻は、フィラ発→カマリ行きのバスの出発時間。2列目は、カマリ発→フィラ行きのバスの出発時間。カマリ発の12:55分のバスは毎回(3回も)来なかったので、次のバスが来るまでしばらく待っていました(次のも遅れたり…)。まぁ、バスですから時間ぴったりに来ないと考え、余裕のある行動が良いかもしれません。3列目以降は、逆に混乱してあまり参考にならなかったです。

. . . . .

below are the time tables at fira. lots of tourists are walking around, wondering which bus is theirs. just ask the girls at the window and they’ll tell you which number bus to get on or will be arriving. the bus conductor will yell out the destination and final boarding call, so keep your ears open, or just ask.

下の写真は、フィラのバスターミナルにある時刻表。戻りのバスが遅れることもあるので、分からない場合は、窓口のお姉さんたちに聞いちゃった方が早いかもしれません。あまり整備されているような所ではなく、バスを逃してしまうと次のバスまでしばらく時間が空くので、観光客がなんとなく目的地行きのバス周りを徘徊している感じです 笑。出発前に車掌さんが行き先を大声で呼ぶので、聞き逃さないように!心配であれば、やはり窓口のお姉さんにその都度、バスの番号を聞いてそのバスの前で待つのが安心かもしれません。バスが遅れて知らないうちにバスが来ていて、出発してしまうかもしれませんので、乗るまで油断できないです。

once on the bus, the bus conductor will come down the aisle and you pay for the ticket then. hold on to the ticket until your destination, as they may ask to see it.

バスの切符は、乗車し出発してから車掌さんから購入します。バスの行き先が複数ある場合、目的地をしっかり伝えないと終点まで行ってしまうかもしれません。降りるまで切符は手元に置き、降車時に車掌さんが確認するかもしれません。

*one thing to be careful of is the last bus. especially if you’re watching the sunset in oia. you need to get from oia to fira, then catch the bus to your final destination. in my case, had i seen the sunset in oia, i wouldn’t have made the last bus to kamari in time. that added to my deciding to see the sunset in fira instead.

*注意点: 最終バスの時間をあらかじめ把握しておいた方が良いです。特にイアで夕陽を見る場合、歩いている時間がないので、イア→フィラ、フィラ→目的地となります。フィラからの最終バスが日が沈む前の可能性が高いので、帰りの移動手段もある程度考えてあると安心です。私も最終日にイアからではなく、フィラから夕陽を見たのもそれが一つの理由でした。ツアーの場合はサンセットを含むツアーであれば、ツアーバスで帰られるので大丈夫です。

buildings in santorini

i’m sure many people in the world have seen the characteristic buildings of santorini somewhere in magazines, instagram, television, or other media. they may not be exclusive to only santorini, but the first time i saw the sort of building was in a travel magazine several years ago. since then i have always remembered that photo from time to time.

多くの人は、サントリーニ特有の白い壁、丸い屋根の建物を雑誌やインスタ、テレビ、などで見たことあるかもしれません。サントリーニ以外の地にもあるかもしれませんが、私が初めてこのような建物を目にしたのは、美容室の雑誌。それから、時々思い出していつか行けることを願っていました。

a scattering of buildings on the steep cliffs of oia, similar to what i saw in that said magazine.
崖に沿って建てられているイアの街。例の雑誌で見たような風景。

monasteries in kamari, where my hotel was located
泊まったホテルがあるカマリ市の修道院

during the tour of the santorini caldera, our tour guide told us why the buildings were mainly white and blue. there aren’t necessarily any rules on what colors they HAVE to be. in the days before electricity, the white walls would reflect the moon at night, providing light for residents to find their way home. the blue paint for the roofs were actually quite expensive–as one of the ingredients of the paint included silver–and are seen on many of the monasteries.

サントリーニ火山のツアー中にガイドが話してくれた白い建物の色について。特に色の規制があるわけではないようです。その昔、電気が通っていなかった頃、夜の暗闇の中で帰り道が分かるように、月の光を反射する白が使用されました。青い屋根のペンキは、実はとても高価なもので、銀が含まれていました。修道院の屋根に多く使われています。

a monastery in firaフィラの修道院

i was intrigued to see some foundations of buildings while riding the bus. thira’s tourism industry is still new and building at a rapid pace. i had visited at the very beginning of the tourist season and some hotels were still closed, preparing for the coming months. i saw many foundations that will become hotels (or homes and/or stores) as well. on the cliffs of fira and oia, there were many constructors working on hotels there, also.

バスに乗りながら時々見かけたのは建物の基礎。これからホテルやお店になるのでしょう。ティラ島の観光業界はまだまだ新しく、急速に進化しているみたいです。観光シーズンが始まったばかりだったので、閉まっているホテルがほとんどでしたが、準備や清掃作業が行われているのを度々見ました。人気のフィラやイアでも新しいホテルの仕上げ作業をされている所も多かったです。

whether it was mid-construction pre-season, some almost look abandoned (see the photos below). unlike the concrete and steel grid foundations of skyscrapers in booming cities, these foundations are so basic, simple, clean, and even aesthetically pleasing–my father is an architect and it seems that i have taken a liking for geometric shapes.

そして、工事中にしては人の気配がなく、シーズン前なのか廃墟なのか、切ない感じもしました。都心で見るコンクリや鉄の基礎と違って、とてもシンプルな基礎はどこか美しく感じました。

nature & geology of santorini

if i hadn’t decided on the creative industry, other occupations i had considered in the past were astronomy, geology, and archaeology. that was even before this trip. after having seen the nature and geology in santorini, though, my interest and appreciation for those sciences have deepened. in this post, i’ve collected all the extra photos of plants and rock that i captured during my stay. click on the titles to see the corresponding post on this location.

クリエイティブな職業を選んでいなければ、天文学、地質学、もしくは考古学のいずれを選択していたと思います。サントリーニの自然や岩石を見て、改めて自然界への興味やありがたみが深まりました。ここには、旅中に撮った植物や石の写真をまとめました。それぞれのタイトルをクリックしていただければ、その日の投稿へリンクします。

– F I R A –
– フ ィ ラ –

olive trees / オリーブの木

– K A M A R I  B E A C H –
– カ マ リ ビ ー チ –

is it just me or does this look like a turtle head?
亀の頭に見える人??

this color! / この色♡

“black pebble beach” / 『黒い小岩の海』

– K A M A R I  C I T Y –
– カ マ リ –

are these mimosa trees? / ミモサの木?

olive tree / オリーブの木

– N E A  K A M E N I  V O L C A N O –
– ネ ア カ メ ニ 火 山 島 –

the volcanic rock in santorini has a higher silica content than that of for example, hawaii, known for the fluid lava. this means that the rock here is much harder and less malleable.
サントリーニ火山の火山岩はケイ酸含量が高めで、ハワイなどのなめらかな溶岩と対象にとても硬い岩です。

– T H I R A S S I A –
– テ ィ ラ シ ア 島 –

(the island we stopped at after nea kameni on the volcano tour
サントリーニ火山ツアーでネアカメニの後に止まった島)

i love figs. i never realized these trees bear figs, and we have them in tokyo too! now i’m reminded of santorini whenever i see them here.
この木になるのがイチジクなんですね!イチジクが大好きなのに、東京にもあるのに、サントリーニで初めて気がつきました。今では、東京で見かけると、サントリーニを思い出します。

– P E R I S S A  M O U N T A I N –
– ペ リ ッ サ の 山 –

these bushes HURT. it’s just a big mash of thorns.
この茂みはかなり痛かったです。地獄のトゲの塊。-_-

– A N C I E N T  T H E R A  R U I N S –
– 古 代 テ ィ ラ の 遺 跡 –

santorini food

as a foodie, i don’t consider myself one of those instagram hipsters, but more a remy (of ratatouille). in fact, i’m often compared to the remy with flavors sparkling and twinkling overhead (if you don’t get it, it’s a scene from the movie). one of the highlights (and anticipations) of this trip was the food. i had never had greek cuisine while growing up, and not much of it is available in tokyo. i can’t even be positive when exactly i was introduced to greek salad, but chef kevin of my favorite hamburger joint in tokyo (who are like family now, and the bistro has since closed) made the best greek salad. in fact, it was so true to the greek salads i had in santorini!

私は『フーディー(foodie)』です。フード付きの洋服(hoodie)ではないですよ。直訳すれば、食通とかグルメとかありますが、それだけですとニュアンスが伝わり切らないのです。「高級でグルメ」にこだわらず、美味しい&面白い&場合によって本格的な食べ物も含まれています。なので、日本にいらっしゃるフーディー観光客は、本格的なラーメンやお寿司屋さん、なおかつ新橋のガード下や立ち飲み屋も探しているのです。インスタ映えを求める人も多いですよね。私は、インスタ映えフーディーよりは、ディズニーの『レミーのおいしいレストラン』のレミー派なのです。どんな味付けや材料が合うのかな?どんな調味料が使われているのかな?など、家で再現して作るのが好きなフーディーなのです。

幼少期でギリシャ料理を食した事はなかったと思います。東京でもなかなかないですよね。地元の大好きなハンバーガー屋さんでオーナーシェフのケビンさんが作ったギリシャサラダが一番好きでしたが、お店はもうやっていません。そのサラダは、本場のギリシャサラダにも勝てそうな本格的な味でした!ちなみにギリシャサラダの基本材料は、トマト、フェタチーズ(羊乳のギリシャ産チーズ)、オリーブ、キュウリ、赤玉ねぎ、オレガノとオリーブオイル。これが、この世で一番好きなサラダと言っても過言ではありません。

to be able to eat greek yogurt (which i was first introduced to in union square, new york near my dorm. figs, honey, and greek yogurt♡) and greek food day and night was like a dream.

そして、ギリシャヨーグルトも一番好きなヨーグルトの種類です!これは、学生時代、ニューヨークの寮の近くにあったオーガニックスーパーで初めて出会いました。イチジク、はちみつとギリシャヨーグルトの組み合わせは、週1のプチ贅沢でした。そんなギリシャ料理は朝から晩まで口にできるとは、夢のようでした!

. . . . .

the lunch i had at thirassia on the volcano tour
サントリーニ火山ツアーで行ったティラシア島にて

lamb gyros from the souvlaki stand in kamari (i was here almost everyday)
lamb kebab with tomatoes, tzatziki sauce, fried potatoes wrapped in a pita. it was VERY filling!  i had bought some herb/spice mixes in fira, and used the tzatziki and lamb mixes for a homemade lamb gyros. 🙂
カマリ市のスブラキ・スタンドで買ったラム・イロス(ほぼ毎日ここに立ち寄っていました)
ラムのケバブ、トマト、ツァツィキ・ソース、ポテトフライをピタパンで包んで。ポテトフライのおかげかボリューム満点でした。(フィラでツァツィキ・ソースのハーブミックスを含むスパイス・セットを買い、お家でイロスを作ったら大好評でした!)

whatever these were, they were good. a mini doughnut with honey glaze.
美味しかったです。ミニサイズのハニー・グレイズ・ドーナツ(本当の名前は分かりません…)

this was good, too ♡ / こちらも美味しかったです!

– T H E  L A S T  F E A S T –
while watching the sunset from fira on the last day
最終日のディナーは夕陽を見ながら贅沢に

fava (yellow split pea puree)
ファヴァ(イエロー・スプリット・ピーのピュレ)

(i wish i wrote down what this was!)
(料理名メモっておけばよかったです…)

dessert of lemon and yuzu
レモンとゆずのデザート

acropole sunrise

SANTORINI HOTEL : A C R O P O L E  S U N R I S E

as i wrote on my DAY 1 entry, there are a few things to consider when booking a hotel in thira, santorini. if you go to the tourist spots in fira and oia, you can expect a lot of noise late into the night because of the nightlife.

サントリーニ一日目の投稿に書いたように、ティラ島でホテルを選ぶ時に考えるべきポイントはいくつかあります。メインの観光地とされている、フィラやイアは、クラブなどナイトライフが盛んなため、夜遅くまでガヤガヤしているみたいです。

i chose acropole sunrise because i would be able to see the sunrise, enjoy peace and quiet, and still have easy access to the central part of the island. i could not have chosen a better place to stay. acropole sunrise is at the top of a hill, which means an unblocked view of the sunrise. it is located in kamari, a quiet picturesque town with a black pebble beach nearby. not to mention, the owner, petros, was so kind and informative about the tours offered from kamari and other tourist locations in thira. he would always say “tell me, how can i help you?”

私が選んだアクロポール・サンライズは、島の逆側のカマリ市にあります。中心部へのアクセスも便利でありながらも、静かでチャーミングな町でした。丘の上のホテルだったので、朝日がよく見え、これ以上良い場所はなかったと思います!カマリの名所は黒い砂(どちらかという小石)の海。ピーク時は海近くは賑やかになりそうですが、アクロポール・サンライズは少し離れている(歩ける距離)ので、あまりうるさくないと思います。そして、今回のサントリーニの旅で度々出てくる、ホテルのオーナー、ペトロスがとっても親切でした。少しでも困ってそうであれば、「tell me!(どうした?? 言ってごらん!)」と声をかけてくれました。カマリから出ているツアーやティラ島の観光情報などなどたくさん教えてくれました。

. . . . .

a panoramic view of kamari from the hotel
ホテルから見渡せるカマリ市

daily continental breakfast. nutella paste with biscuits, fresh eggs from petros’ hens, and ham & cheese toast.
毎朝のコンチネンタル・ブレクファスト。ヌッテラ(ヘーゼルナッツ・クリーム)とビスケット、ペトロスが飼っている鶏のゆで卵、ハムチーズトースト。

the sunrises! / この朝日!

the view from my room / 部屋からの景色

click here for a direct link to the hotel website.
ホテルのホームページはこちら

day 6: good bye santorini

SANTORINI DAY 6 : B Y E E E E E

the last sunrise was the most perfect one. / 出発日の朝日。この旅一番でした。

one last look from my hotel balcony. / ホテルのバルコニーから最後に。

and a bonus sunrise arriving @ doha to transfer. / そしておまけに乗り継ぎのドーハの朝日。笑

. . . . .

in conclusion, what did santorini give me? / この度から得たものとは?:

1. l a n g u a g e / 言 語
tuning out. i really did it. smiling and nodding, without having to pretend? being clueless to natives possibly saying “this dumb asian chick has no idea what we’re saying”? you know, for once, i couldn’t care less. my personality (and sometimes what i’m hired for) has me being the problem solver. to communicate for two parties of different languages, being a manager for a fashion show, being an assistant for a magazine, always being in the know of EVERYTHING. for once, i didn’t understand. for once, i didn’t have to. for once, i could be stupid and not feel guilty for it.

期待通りに「言葉が分からない」という静けさを経験できました。笑ってごまかし、本当の意味の「知らぬが仏」を経験していたのかもしれません。でも、「理解できない」で良かったのです。私の性格は問題解決をしたがるのです(仕事でかなり役立ちますが)。2ヶ国語の架け橋、海外でのファッションショー運営、雑誌のアシスタント、常に全ての状況を把握していなくてはなりません。久しぶりに、把握しなくて良かったんです。知らなくて良かったんです。とぼけていても罪悪感を感じなくて良かったんです。

2. s a f e t y / 安 全 性
it was very safe. the hotel owner was originally from athens, and one of the first things he told me is, “i will be straightforward with you. as a woman, you are perfectly safe on thira. in athens, not so much.” the people here were so helpful, if you come up to them lost, they’ll speak out first, “tell me” (their version of “how may i help you?”). obviously, though, one can never be too safe and should probably be knowledgeable of the possible dangers of travel overseas.

とても安全でした。アテネ出身のホテル・オーナーに最初に言われたのは、「はっきり言うけど、ティラ島での女性一人旅は安全だよ。アテネはそうはいかないよ。」ティラ島の人々は親切でした。不安そうにしていると、何度も「どうした?言ってみな。」と向こうから言われました。でも海外旅行では、安全な行動をとることには越したことはないので、くれぐれも気をつけて旅をしましょう。

3. g r e e c e / ギ リ シ ャ
there was so much to take in! i’m sure i cannot say i had the complete experience of greece with my one visit to just santorini, but i couldn’t be happier to have seen all the sights, history, geology, nature, and food. i learned that the world is a vast, miraculous place with so much more to be discovered.

様々な経験ができました!サントリーニだけでギリシャの全てを知ったとも言えないし、サントリーニの全てを知ったとも言えません。でも、1週間だけでこれだけの景色、歴史、自然、食べ物を経験できて大満足でした。この世界は、本当に雄大で素晴らしいところ、そして、まだまだ知ることがたくさんあるとも感じました。

4. s u n  a n d  p e a c e / 太 陽 と 静 け さ
i definitely got this!! lots and lots of sun and vitamin d (and wind and rain, too)!! the tourist spots were all hustle and bustle; one step into nature, and there was peace—almost untouched, unaltered, raw—an ironic juxtaposition to the history of violent volcanic activity. nature in tokyo, is reformed and planned, even hiking trails are cleanly paved and pruned. humans live on earth, earth gave us life. santorini taught me that we cannot control nature.

これまた、思う存分味わえました。たくさんの太陽(雨・風も)を浴びて、ビタミンDを吸収できました!観光地は人混みでガヤガヤしていましたが、自然界に一歩踏み入れると手つかずの自然、静けさ(過去の激しい火山活動と対象に)とそのパワーを感じました。東京の自然は、計画されていて舗装されていて、手つかずの自然と共に生きているとは全く感じることはありません。人間は、地球を住みかとしていて、地球のおかげで生まれました。サントリーニに行って一番頭に残ったのは、人間は自然を支配できないということ。


it gave me goodness
良いものを得られました

day 5: ancient thera

SANTORINI DAY 5 : A N C I E N T  T H E R A

here i gather all the photos from the ancient thera ruins, along with the explanations. in between are other shots of ruins that aren’t specified, in the order i walked.

ここでは、古代ティラの遺跡で撮った写真をまとめています。説明書きの写真も撮っていますが、英語なので、図などありましたらご参考までに… コメントのない写真もありますが、遺跡内を進んだ順で写真を載せています。

it all starts here, at the base of the mountain.
カマリから来て、山の麓で始まります。:

at the top of the mountain, ancient thera begins
山頂について古代ティラの遺跡へ入場:


cemetery of ancient thera / 古代ティラの墓地:

i actually took this photo on the way up from perissa on day 3. this cemetery is on the last bend of the hike from perissa, just outside of the ancient thera ruins.
この写真は、ペリッサから登ったトレイル沿いにあった遺跡。古代ティラの外。

the early christian basilica / 初期のキリスト教の聖堂:

temenos of artemidoros / アルテミドロス(人物)のテメノス(神の領域):




ptolemaic garrison post / トレミー駐屯地:

facing due south, central section of the city / 南向き・古代ティラ中心部:



(you can see the monastery of profitis ilias (prophet elias) in the upper right on the ridge of the mountain!)
(プロフィティス・イリアスの修道院が右上の山頂に見えます!)

southern section of the city / 古代ティラ南部:

sanctuary of egyptian gods / エジプトの神々の聖域:


apollo pythios sanctuary / アポロ・ピティオスの聖域:

the theater / 劇場:
(ugh i can’t believe this photo is blurry… / ピンボケごめんなさい。。)

private house / 民家:

house of tyche
女神テュケーの家(個人宅、テュケー(運を意味する)の像があったため名付けられた):



basilike stoa / 王室の柱廊:


from the south, middle, north agora’s in the central section of the city
古代ティラ中心部にある南・中心・北の広場にあった石:


exedrae / 談話室:



continue back to my last full day in thira!
以上、古代ティラの遺跡でした。サントリーニ・ティラ島の旅、最終日へ戻る